ウッドロー・ウィルソン

 

 

読んだ。うん。