2024-01-01から1年間の記事一覧

4月に初夏はあるのか

4月オワタ。腰の不安に心が押しつぶされそうな4月だったし今日もそうだ。 曲の残骸がある。もう曲はどうやら作れないらしい。かなしい。 青空が青めく朝のまばゆさに、の短歌をすごく気に入っている。とてもよい。そしてこれを曲にできなかった残骸が上記。 …

青空が青めく朝のまばゆさに

青空が青めく朝のまばゆさに何度も閉じてゆく瞼見る 満開の桜流しの雨が降るいつかの君を待つ汽水域 思い出を思い出してただけだった規則正しくばらばらになる 繰り返すまたもや桜繰り返す変わらないまま変われるように 信号が青に変われば走りだす前の車に…

30歳になった3月

30代始まった。何一つ変わることなく体がぼろぼろになっていくのをただ眺めていた二十代後半が終わり、終わったところで同じように同じことが始まった30歳だ。真っ暗な未来に向かってうつむきながら少しずつ寝返りを打つかのごとく進んでゆくのだしらんけど…

雑光

雑光の中に現る幻と飛び立つ魚波打つ水面 オレンジのサングラス掛け見上げればずっと夕暮れ暮れることなく 流れ星のように消える願い事ほんとにそれでいいんでしょうか 水鳥の鳴き声にまだ意味を問う眩しいせいで目つきが悪い 君のためのパーティーだ楽しも…

今年もつつがなく2月が終わってた

20代あと余命一ヶ月です。 ギックリ腰再び来る。ふざけるな。もう二度となるものかとトラウマを植え付けられたでおなじみのぎっくり腰になった。初体験から半年である。くそが。発症時は激しい痛みのあまり、視界がホワイトアウトし、酷いも耳鳴りもおまけに…

時計は今しか指さない

如月の岸辺で待てばまばゆさは雪の陰影冬の有限 この空は誰の願いを叶えるの?誰も誰かは知らなくていい 今もこの瞬間だけを指し示す時計刹那に照らす雷雪 千年の命が尽きる雨上がり風が吹く方へ広がる陰 夕暮れにすべてが無駄になっていく今日も空が青かっ…

haskellでゲームボーイのCPUエミュレータを書いた

一昨年の夏にどうやってもテスト通らなくて放置してたゲームボーイエミュレータを根本的に書き換えてみたらだいぶましになった。最初はlens/Stateを使う方針でCPUのレジスタなんかをレコードのフィールドにぶち込んでそれらを書き換えていく感じだったが、ざ…

絶賛空売り敗北中

先々月くらいから信用取引をするようになって空売りに手を出してる。今月の株高に空売りのポジションとって全敗。6ヶ月か一年以内に買い戻さないといけないので下がるまで気軽に待つかというのがやりにくいというのもあるが、 元々短期で見るつもりのポジシ…

初日の入り

夕暮れの前後の赤の多彩さのどれを思いだせば君の頬 風音と波音を消すアラートにかき消されてく僕の存在 ぐらぐらと恐怖沸き立つゆらゆらと水面を撫でる初日の入り 目を細め歪めて映す光だけ識別すべくレンズを拭いた 欲望に手つかずのまま冬休み終わる夜に…

Mazda3にNDロードスターシフトノブ付けて外した

微妙だったな。2年近く乗ってきて慣れ親しんでいるのもあるけど、標準品の一体感、滑らか感が心地よい。NDの物は300gあるらしく確かにだいぶずっしりしてる。その分シフトチェンジするのに比較的余計な力が必要になるし、タクタイルの振動反動が大きく手に伝…

初日の入り